www.appomaticsoftware.com

自動車重量税、通称重量税とは、日本の自動車やイタリア車というような愛車の生産している国やハッチバック、1BOX車というような車のタイプに例外なく、例えば、レクサスやBMW、等にも通常負担義務を課せられている税金なんです。新車登録をする場合もしくは車検に出す場合に支払う必要がある税金なのです。支払金額はその自動車の重量毎に定められています。「自動車重量税」と「自動車税」では完全に違うものですから、きちんと理解をして混同しないようにする必要があります。「自動車重量税は車重で」「自動車税というものは自動車の総排気量で」その金額が異なります。また買い取りの際の待遇も違ってきますし、注意しなければなりません。クルマの買い取りの時には支払った重量税がどれだけ残っていてもその税額が還付されることはないのです。一方で自動車税であれば支払った税額を査定額に乗っけてくれるようなことがあるものの、重量税に関しては上乗せになる場合はなかなかないでしょう。重量税については、自動車を売る際既に支払った金額があるとはいえ買い取り店の方でそのことが配慮されることはまずないと思います。そのためその次の支払い、分かりやすく言えば次の車検まで売却を保留し買い取りを依頼するという方法が無駄は少ないと思います。自動車の引き取り時は考慮していただけないのが重量税ですが、特別なケースだと返ってくることもあります。というのは、車検期間が残ったままの自動車を廃車にする場合です。というのは抹消登録をすれば、残っている車検期間に応じて額が返金されます。ただ、中古車の買い取り時はそのクルマが廃車になるのとは違うので還付されません。さらに売却する車の名義を変更した際や盗難された時なども返金してもらうことは不可能です。重量税の残っている期間がある愛車を売るというのは要は車検の効力がまだある中古車です。そういったことを業者も考慮しますので、自動車重量税が残っていればある程度売却額が上乗せされるでしょう。勿論、査定額は店舗によって違ってきますが、車検期間が残っているということが考慮されれば、売却する車の買取額からみたらそれほど払い損と考えることもありません。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.appomaticsoftware.com All Rights Reserved.